月別アーカイブ: 2016年6月

058764

若はげを改善させる治療法あれこれ

最近、テレビや新聞広告、インターネットの宣伝記事などに若はげ改善という言葉や文字をよく目にします。確かに日本の成人男性の3人に1人程度の割合で薄毛や抜け毛の悩みを抱えている人が多いのが現状です。
薄毛や抜け毛は30代から40代の人の割合が多く見られていますが、最近では、若年層の10代から20代の若はげの割合も多く見られています。彼らの多くは学校や仕事のストレス、また不摂生な生活習慣が原因になっている場合が多いのです。これらの症状を病気として捉え、しっかりとした治療をしていく事で、若はげを改善していく事が出来ます。
これらの病気はAGAといって、男性型脱毛症と言われています。AGAは進行性の脱毛症で適切な治療をしていかなければ、どんどん進行してしまう病気なのです。主に、頭頂部から抜けるタイプ、額の生え際から抜けていくタイプ、またその混合タイプなど様々な進行パターンがあります。髪の毛は成長する過程で、成長期、退行期、休止期と繰り返して生えてくるのですが、この成長期の過程でDHTと呼ばれる男性ホルモンの影響により成長期が短くなり、髪の毛が太く長くなる前に抜けてしまいます。しかし、AGAの場合は産毛が生えている事が多く、毛根が残っているため、これをじっくり期間をかけて治療することで、再度髪の毛を太く強く成長させるのです。
改善の期間はそれぞれ人によって違いますが、最近では、有効な2種類の薬が出ています。これを使用することで、より効果的に髪の毛を発毛する事が出来ます。ミノキシジルとプロペシアです。大体、医師の治療開始から3か月程度の期間で産毛が増え、髪の毛が太くなるような実感を得る事が出来るようになります。また、6か月ほど経つと、ほとんどの人が毛量が増えてきた実感を得ることが出来ます。
AGAは適切な治療が必要となるので、必ず医師に相談の上、ケアを行ってください。

参照>>横浜でAGA治療

現在、薬はインターネットなどでも手に入れる事が出来ますが、海外からの粗悪品などもあるので、医師から処方してもらったほうがより安全でしょう。
あなたも若はげについて悩みがあるならば、まずは医師に相談してみませんか。